南イタリアのショートパスタ−カヴァテッリ−

a0174408_1513364.jpg

週末ランチは、手打ちパスタ^^
カヴァテッリ(Cavatelli)は、南イタリアのショートパスタです。





手打ちパスタなんて、なんだか難しそう・・・と思いきや
意外と簡単でした^^

いや、手打ちうどんの反省を踏まえて
タリアテッレではなくショートパスタにしたことが勝因!?

家で作るなら、狭いスペースでも作ることができる
ショートパスタが向いているのかもしれません^^

「手打ちパスタ=セモリナ粉」と思い
大阪へ行った時に、富澤屋でセモリナ粉を購入しておきましたが
ネットで調べると、全くセモリナ粉を使わないレシピや
セモリナ粉+強力粉で作るレシピも多かったです。

私は、イタリアのマンマが作るイメージで
100&セモリナ粉で作りました^^

覚書に。(2人分)

セモリナ粉150g
ぬるま湯100cc+塩こさじ1/4

ぬるま湯は、すこ~し少なめでも良かったように思います。

ボウルに生地を混ぜ合わせ、
表面がつるんとするまで、5分ほど捏ねます。

30分寝かせます。

扱いやすいように、生地を2つにわけ、
小指ぐらいの太さに、細長く棒状に伸ばしていきます。

2センチぐらいずつカットし、
人差し指と中指で、生地を手前にひき
クルンと回転させ、耳たぶのような形にします。

この作業、粘土遊びみたいで、小さいお子さんと一緒にできるかも。
多少、粉だらけになることは覚悟で(笑)

1人でやると、結構時間がかかります。

※カヴァテッリの語源は、イタリア語のカヴァーレ(掘るという意味)
指で掘るように、手前に生地をひきます。

鍋にたっぷりお湯を沸かし、塩を入れたら
5分ほど茹で、ザルにあげます。

ソースで和えたら、できあがり。

今回、パスタソースは、カルディの海老のソースを使いました^^;

手打ちのカヴァテッリは、ぷるぷるモチモチで美味しい。
ソースとも、すごく馴染みます。

手打ちパスタは、冷凍保存もできるので
忙しくなる前に、ストックを作っておこう!!

ついでに、ソースのストックも^^

ミエストローネなどのスープに入れる場合、
下茹でせずに、そのままスープに投入してもOKだそうです。
[PR]
by petitcuisine | 2013-03-18 12:00 | おうちごはん-西洋料理
<< ブログのお引越し Handcrafted Jwe... >>