塩麹で桜鯛のカルパッチョ

a0174408_10254150.jpg

今が旬の桜鯛を使って。

レシピブログのランキングに参加しています。
1日1回のクリック(携帯電話からもOK)で投票される仕組みになっています。
応援クリックお願いします。





真鯛が桜の季節に産卵のために体を桜色に染めることから
この時期の真鯛は桜鯛と呼ばれているそう。なんとも風情のある名称です。

そして、この時期の桜鯛は、脂がのっていて、美味しい♪

カルパッチョのソースは、はなまるマーケットのレシピ。
塩麹と柚子胡椒にスペイン産の有機栽培のオリーブオイル「オロ・デ・ヘナベ」を
あわせて。(私は、岩塩も少し加えました)

クレソンのかわりに、ベビーリーフと千切りにした青じそをのせています。

トップ画像は、ソースをかける前に撮影。
夫の帰りが遅いので、1人分ずつお皿に盛り付け。

塩麹、はまっております^^。次は何を作ろうかな。

一番多い調理法は、お肉やお魚に塗って半日置き、焼くだけ。
西京漬けのような感じに仕上がります。

[PR]
by petitcuisine | 2011-04-07 10:30 | おうちごはん-西洋料理
<< イチゴのジュレ 【雑誌】何度も通いたい淡路島 >>